djsportal式~マンションを売る時には査定サイトを使う理由

お金も時間も、余裕を持った不動産売却

新築を計画して、その夢が実現。そのためそれまで住んでいた家を売却することになったのです。不動産を売却することなんて、初めてでした。もともと中古住宅として購入した土地と家だったので、できれば購入当時の金額ぐらいでは売却できるのではないか、そんな軽い気持ちでいたのですが、大きな間違いだったのです。

まずは時間。新築の購入の頭金として考えていたのですが、当たり前なのですが買い手がつかなければ売却できません。ただ何となくイメージが、不動産会社が一旦仕入れて、それから売るような感覚で、いつでも売却できるようなイメージだったのです。思ったよりもすぐに買い手が見つからなかった私たちの土地は、希望価格では引き合いの情報すらなかなか上がってきませんでした。

ただ新築の購入計画は進み、お金も必要になってきます。頭金を納めなければならないのに、肝心の土地が売れない、買い手候補すら見つからないのです。仕方がないので売却希望金額を下げなければ、情報すら見つけることができず、仲介してくれる不動産会社の営業担当も動きようがありません。なので希望価格を100万円単位で下げていったのです。

ここで二つ目の問題が出てきました、価格です。もともと定価のないものですし、買いたい人と売りたい人が揃わなければ成立しない商売。しかも全く同じ条件の土地は存在するはずがありませんので、適正な価格の感覚がわかりません。このままでは売れない、価格を下げなければ情報も上がってこないと言われると、ここは不動産会社を信用するしかありませんでした。

結局売却希望金額から500万円下げたところでようやく買いたいという希望者が現れました。それでも話がすぐにまとまらず、結局100万円の値引きにも応じてしまいました。ここで時間がないという焦りが出てしまい、先方の言い値になってしまっていたのです。

後悔した事はマンション売却の専門サイトをしっかりとチェックして一括査定を受けておけばよかったという事。実際に私はそれで損をしました。
マンション売る.jpでは下記のように専門家がアドバイスしています。

所有しているマンションを1社にしか査定依頼していない場合、その不動産会社から提示された価格だけが基準になってしまいます。

しかし、複数の不動産会社に見積もりを依頼する事で、適正な価格を導き出す事ができるという大きなメリットがあります。

例えば、不動産会社Aでは5000万円。Bでは4580万円、Cでは5200万、Dでは4800万円。

不動産査定というものは、このように不動産会社によって少なからず、必ず差がでてしまいまうものです。
出典:不動産査定サイト-マンション売る.jp-

専門家もこのように解説する通り不動産一括査定サイトを使うことによって正しい適正価格でマンションや家を売る事ができる事は間違いがありません。

全体の金額からいくと、数十%の値引き額ですが、600万円って冷静に考えると車も買えるし、新築の家にもワンランクもツーランクも上の住宅設備機器を購入することができます。それがお金や時間がない理由で、失ってしまいました。やはりお金も時間も、余裕を持った状態でなければ不動産を上手に売却できないのではないかと感じてしまいました。

大きな買い物、売り物なので、やはり心にゆとりをもって、落ち着いて攻めながら商談に挑むことで、自分たちにとって有利な売却交渉ができると実感することになりました。

マンションを売った後は購入も考えておく

うちは頭金も無く予算が少なかったのでまず新築は無理だろうということで中古を考えてたのですが、探してた場所が人気路線だったため中古マンションであっても最低3千5百万台から、という感じでした。そんな中ポストに入った新築マンションのチラシをなんとなく見てみると、人気路線ではないけれど駅徒歩9分で最多価格帯が3400万円台と記載されてたので、もしかしたら買えるかも?まず見に行ってみよう!とモデルルームへ向かいました。

全く無名の販売会社でしたが、広告に偽りなしで本当に3400万台の物件がありました。一番高い部屋で4300万円ほど。理由はマンションのすぐ隣がコンクリート工場かつ高速道路が近いからです、と販売会社の営業さんに教えてもらいました。

現地に行ってみると音もそこまで気にならないし、日当たりもまあまあ良さそうということで、購入を決めました。

ただ、やっぱり広さはある程度無いとダメだ!と今とても後悔してます。
購入した部屋は60平米です。今子供が二人居ますが、四人家族で生活するにはとても狭いです。購入した当初は子供もいなかったので、部屋の間取りだけを気にしてしまい広さについてはあまりよく考えてませんでした。
とにかくフローリングと収納と3LDKであれば!と思っていたのです。
今から思えば間取りなんか本当にどうでも良い部分です。間取りなんて、後からでもリフォーム出来るんです。重要なのは部屋の広さ。平米数です。
子供を作る予定であれば、最低でも70平米は欲しいところです。理想は85平米です。そして私は地方出身者なのですが、親兄弟がうちへ遊びに来た時にうちに泊まらせてあげられるようにゲストルーム的な部屋もあればよかったなぁと思います。

それと、当初は全室フローリングが良い!と思い込んでましたが、和室は絶対に必要です。子供が生まれると特に必要。理想はLDKに続く形で和室があるような部屋。その和室の襖を開ければ解放感もあるし、子供が大きくなるまではその和室で寝起きしてリビングにおもちゃコーナーや勉強机など置けば同じ空間で生活できると思います。

子供が出来た事で今の家が窮屈になってしまい、マンション買い替えを検討しているのですが主人もローン組むのが難しい年齢に差し掛かってますし、上の子も来年小学校なので買い替えはもう無理かもなと半ば諦めています。またマンションを買った6年前とは比べものにならないほど今マンションの物価があがってしまい、この価格ではもはやもうちょっと田舎に一戸建てを買ったほうが良いのではないかと思えてしまいます。

マンションは買う時も売る時も慎重になるべきなのです。

将来マンションに住みたい!人が今からしておくこと

将来マンションに住みたい!と24歳の時から思い始めました…。
現在30歳の専業主婦になりますが、何故24歳の時からマンションに憧れを持ったかといいますと、23歳の時に結婚をし今まで実家暮らしだった私が初めて2LDKアパートに旦那と二人暮らしをしました。最初はとても嬉しく、ずっとここに住んでもいいかもと思っておりました。しかし、ポストに入っていたマンションのチラシを発見し興味本意で見学に行ったのです。
そこで、モデルルームに初めて入った瞬間…
とっても感動しました!そのモデルルームのインテリアはモダン系でしたが、そこには夢のような世界がありました。大げさ?と思われるかもしれませんが、本当に感動をしマンションより一軒家派の旦那を説得し何とかローン審査まで行きました!正直、旦那の月収は40万以上あったため確実に審査に通るだろうと自信満々に合否を待っており、毎日毎日あそこの部屋にはこの家具を置こうなどわくわくしながら過ごしておりました。
しかし…結果はローンは通りませんでした。
その日から、どうしてもマンションに住みたい欲が出てしまいアパートから賃貸マンションへ引っ越しました。
モデルルームを見た本当に住みたかったマンションへは住めませんでしたが、アパートより綺麗なマンションへ引っ越し満足しておりましたが…
なんと引っ越ししてからわずか1ヵ月で旦那に不倫をされ離婚致しました…。そして実家に逆戻りでごさいます。
どうして?なんで?と疑問ばかり。それからというもの、マンションという言葉を聞くとトラウマのように辛かったのです。
しかし、傷も癒え振り返ると単純な話、自分にはマンションに住める価値がなかったのかなと思い始めました。当時の旦那には毎月40万以上稼いでくれてたのにも関わらず私はお金を使いたい放題、貯金0で生活をしておりました。家事も手抜き、週一の外食と本当に最低な妻だったと自覚しております。その状態から、自分が何も努力していないのにあんな美しいマンションに住もうと思っていたのが間違いだったのかと…。
このように、反省をし前向きに離婚と向き合って生活をしていたら今の旦那に廻り合いました。そしてまたアパート暮らしが始まったのです。
前の旦那にしてあげれなかった努力を今の旦那にはしております。現在7ヵ月の息子もおります。今の私ならマンションに住まわせて頂く価値があるかも?と思っておりますが焦っても良いことは何一つないので緩やかに希望を持っています。
私にとって、マンション購入をしようとしたきっかけから人生のドン底を味わいそしてまた新たな人生を初めているわけですが、自分のだめな所を振り返るきっかけをくださったと感謝をしております。
いつか、努力の先に今の家族と幸せに過ごせるマンションに住めるように…切実に願う毎日です。
実は今の旦那も私もマンション派なのですがどうして一戸建てではなくマンションなのか?。それは、さみしがりやだからです。(笑)私の場合、小さい時から親は共働きで昼夜働いていたためいつも広い部屋にさみしく過ごしておりました。家に遊びにくる友達からは広くて羨ましい!など言われておりましたが全く嬉しく思いませんでした。マンションだと基本的にどこにいても近くにいる感じがするのです。二階もないですしね。それになんといっても、セキュリティがしっかりしているところです!昔、下着泥棒に入られたこともありセキュリティがしっかりしているマンションは有難いのです。
ただ、子供がいるとマンションではなく一戸建ての方が楽だとも思います。足音も気にしなくていいだろうしお庭もあるし…。でもやはりマンションに住みたい気持ちが買ってしまいます。
住みたいマンションは、高層ではなく低層マンションで立派なマンションでなくて良いんです。普通のマンションタイプで3LDKで十分です。
このように、マンションを妄想しながら書いていると益々欲しくなりますね(笑)
旦那にもマンションの話を持ちかけてみました。
今の旦那は倹約家なので妄想ですぐに手に入れるタイプ、進むタイプではないためこれからは私は旦那に前に進んでいつかマンションを手に入れるために努力します(笑)
インテリアは…私も旦那もモダン系が好きなので家具もモダン系で揃えるとなるとマンションを買うことだけでなく色々とお金かかりますね。
今は専業主婦なので稼ぎはありませんが、いつかのために地道に頑張っていくしかないので頑張ります!
まずは毎日妄想する事。大事な事だと思っています。そして実現するために毎日自分が出来ることを実践する事。具体的にはお金が必要になるので小さな節約ですね。最後に諦めないこと。
さぁいつ住めるようになるのでしょうか?
楽しみでいっぱいです!
早速今日入っていたとても良い感じのマンションのチラシが入っていたのでその間取りを見て妄想する事から初めてみます。

アパート生活はつらく厳しい物だとしてもその先に未来がある

私は五年ほど前から、兵庫県にある大東建託の経営するアパートに入居しています。アパートなので二階建ての建物になるのですが、私が入居している階層は1階で当初は二階より1階のほうが階段等も上がらずに済み楽だと考えこの場所を借りました。住み始めて2・3ヶ月くらいまでは2階の住人は誰も居なくて空き部屋でしたので何の問題も無く日常を過ごしておりましたが、ある日新居さんがあいさつ回りに私の部屋にも来ました。新居さんも普通の人っぽかったので何も気にしていなかったのですが、いざ2階に引越しが完了してみると、2階の生活音がすごく聞こえてしまい足跡等もずっと聞こえる状態でした。私はこのアパートに入居する前は高層マンションに住んでおり、当然上層にも下層にも住人が居たわけですが、そんな物音等、気になるようなことはまったくといって良い程無かったので、ものすごくストレスに感じました。
ネット等で高層マンションとアパートを検索してみましたが、高層マンションは建物が大きいので作りもとても頑丈で、そのため音という面では特にストレスになるような事は無かったようでした。その反面、アパートというのは大体が2階建てくらいの物が多くそんなに頑丈に作られておらずに壁が薄い傾向にあるようでした。
特に大東建託のアパート関係は家賃等はそれなりには安い方だとは思いますが、壁が薄いとか騒音が気になるといった口コミが多数見られました。
これからアパートやマンションを借りようと思っている方への知識としては、物音や人の会話声等が気にならないのであればアパートの方が家賃も安く、建物が大きくないのでアクセスが良かったり身動きがとりやすいので、おすすめです。ただ、物音や人の会話声等が気になってしまう人はとてもストレスになると思いますので、マンションの方が良いと思います。ただ、マンションに場合は建物が大きいのでアクセスが若干悪かったり上に高すぎて身動きがとり難かったりする傾向にはあると思いますので、賃貸で物件を探す際はちょっとした知識として覚えておくと後悔せずに楽しい生活がおくれると思います。
私の場合は、いまさらって感じですので騒音や物音に毎日ストレスを感じながら日々生活していますが、少々アクセスが悪くてもマンションの方がほぼストレス無しで生活ができていたので、また高層マンションに戻ろうかなと検討しています。アパートでも騒音に悩ませられずに住める場所も日々検索している今日この頃です。

実は訳あり物件?マンションやアパートを売買する前の注意点

学生時代、一人暮らしをしていたアパートの話です。
両親の許可をやっと得られて、始めた一人暮らし。初めて経験する部屋探しにウキウキしながら不動産屋さん巡りをしました。
大学がいくつかある地域なので不動産屋さん屋さんも小さい町ながら多くあり、3軒ほどまわり昔からあるような不動産屋さんで気になる物件があり、内覧。
後日父親とも再度内覧し、「少し学校までは遠いけれど、家賃も安いしそこまで古くはないし…。」と父親の了承も得られ契約をしました。
家賃・共益費込みで36000円と激安でした。
正直もう少し学校にも近く、セキュリティもきちんとしている所に住みたかったけど、両親の負担も考え妥協しました。
お風呂とトイレが一緒のユニットバス、洗濯機はベランダです。
でも、一人暮らしデビューが何より嬉しかったのでその当時は全く気になりませんでした。

住み始めてからしばらく経った頃から、恐怖体験が始まりました。

まずは業務用ゴキブリの話です。
私はゴキブリが大嫌いです。実家でゴキブリを見た事がなく、ただでさえ見慣れていないのにそのアパートには業務用ゴキブリが度々出ました。
業務用ゴキブリとは私が人に伝える際に使っていた言葉です。
実は私の部屋の真下は、個人経営の小さなペットショップでした。
夜中は下から「キャン キャン」と犬の鳴き声がするし、鳥のような声も聞こえました。
うるささも多少気になりましたが、それ以上に恐怖だったのがゴキブリです。
冬の出来事ですが、学校から疲れて帰宅してこたつに足を入れました。
靴下を履いていましたが何か爪楊枝のようなものが爪先に触れました…。
「まさか?」と頭の中に浮かんだのはゴキブリ。こたつ布団をソーッとめくると、足先には逆さまになり、息絶えたゴキブリが…。
恐怖で声も出ませんでした。
その後も料理の最中にキッチンの壁に現れたり、出掛けようと玄関に行くと、ドアにくっ付いていたり…。
何より驚くのがそのサイズ。どのゴキブリもマッチ箱位はあるように感じました。
まさに業務用ゴキブリでした。

そしてゴキブリ以外にも恐怖が。
夜中の謎の訪問者です。
夜中の2時頃、課題を終え布団に入りました。
玄関のドアを激しく叩きながら「○○さ?ん」と何度も呼ぶ声が…。
もちろん私の名前ではありません。
それはしばらくの間、毎日のように続きました。
「居るのはわかってるよ?!」「○○さん」

前の住人は借金でもして夜逃げしたのだろうか?
理由はわからないまま、わたしも引越しをしました。未だに謎です。

ひとり暮らし用のアパートの特徴と今後のマンション事情

私はひとり暮らしをしているためにアパートの一階に住んでいます。また、駅に近くてかつ大学の近くでもあることから、たくさんの一軒家とアパートが混在しています。そして、私のように近くの大学に通っている学生だけでなく多くの社会人の方も自分のアパートや近隣のアパートにも住んでいます。また、近くにスーパーマーケットもあるので凄く便利なところも利点です。
まず、アパートの一階の特徴ですが、湿度が非常に高いのと冬においてはすぐに結露しやすいのが特徴です。結露を確認次第、すぐにペットボトルを用いて結露を取り除いているのですが、30分くらいで再び結露しだすことがありました。1日に結露によって取り除いた水の量は500ミリペットボトル一本分になります。なお、結露は取り除くようにしなければ、カビがはえることに繋がりかねませんので十分注意する必要があります。ただし、湿度が高いということは、屋内にいる限り乾燥しにくいということで、カゼをひいたり、喉をいためたり、インフルエンザにかかったりしにくいというところはよいところです。
賃貸型のアパートは、IH調理器具を使うところが特徴です。ですから、アパートに住み始めてから今のところ一度も生じていませんが万が一停電して電気が使えないことがあっても大丈夫なように、ガスボンベ式のガスコンロを持っています。
次に居住環境に関することにおいては、近くに別のアパートがあることから深夜でも非常に騒がしいです。しかし、警察が来たりすることはありません。
私は節約を心がけていることから、毎日シャワーのみですませています。それでも十分にリフレッシュすることができるので全く問題ないです。
アパートの一階に住んでいると1番気をつけなければならないことは空き巣です。1階は段差がないので犯人が進入しやすいのが特徴です。さらに、アパートの窓は防犯ガラスではなく、いとも簡単にたやすくわれる弱いガラスでできているために、窓は必ず二重ロックすることが大切です。二重ロックの仕方は、最初に普通の窓の鍵をかけて、下にはドアガチットを設けることです。こうすると、簡単に窓が開かなくなります。
更に、整理整頓や部屋の掃除など当たり前のことですが、それをやるのが意外と大変です。日頃から使った物はもとに戻す癖をつけ、要るものと要らないものの取捨選択をすることを心がけないと直ぐに散らかってしまい、大切な物がどこにあるか分からなくなることがあるので注意が必要です。

初のアパートへ引っ越しをする時に必ず意識しておきたい事について

みなさん、こんにちは。
自分は今、引っ越しを考えています。
アパートへの引っ越しを考えているのですが、なんせアパートに住むのは初めてでして、物件選びについてわからないことがたくさんあるんですよね。
一応、軽くは調べてみたんですが、よくわからない。
しかも、部屋を探せば探すほど、迷って余計に決められなくなっちゃいます。
なので、自分の中の疑問を、今回は書いていこうと思います。

まず最初の疑問なんですが、住む部屋の階ってどこがいいんですかね?
自分のイメージだと、低い階だと防犯面でちょっと不安な感じがあります。
でも、あんまり高い階でも上り下りが大変ですよね?
あ、もしかしたら、住む場所によるかもしれませんね。
都会で一階の部屋に住むのって結構怖いイメージがあります。
治安が良いところだったら、問題なさそうかもしれませんね。

次の疑問は、お隣さんに挨拶ってした方がいいんですかね。
昔だったら、そういうのは普通な感じがするんですけども、今の時代はちょっと怖くないですか?
隣に住んでいるのが変な人だったらどうしようとか考えちゃいます。
かと言って何も言わずに住み始めるのも、なんとなく気まずい感じがしますね。
挨拶する人としない人、どっちが多いんですかね。
あと、挨拶の時に何かしらの手土産みたいなものも持って行った方が良いんでしょうか。
お菓子とかかな。でも甘いもの苦手な人だったら悪いですよね。いや、そこを考えても仕方ないか笑。
これ書きながら思ったんですが、挨拶は行くことにします!
お隣さんが変な人よりも普通な人の確立の方が高いと思うし、やっぱ挨拶って大事ですからね!

あと、三つ目の疑問なんですが、部屋の採光具合って大切ですかね。
今の自分の部屋はかなり日光が入ってくるので、明るいどころか眩しいくらいなんです。
この状況を考えると、あんまり日光が入ってこなくても良いかなと思ってます。
でも、今まで明るい部屋で過ごしてきたのに、暗めの部屋で生活出来るのだろうか。
ちょっと不安ですね。そんなに気になるものなのかな。
家賃には採光具合ってそれなりに関わってきますよね。角部屋はやや高めですし。
それを考えると、多少暗めでもいいかなと思っちゃいますね。だって安いですから笑。
ここは少し悩みどころですね。内見する時に忘れずにチェックしたいと思います。

今の疑問はこんな感じですね。
ネットでちゃんと検索すれば解決することばかりなんでしょうけど。
こんな感じで終わります!