djsportal式~マンションを売る時には査定サイトを使う理由

お金も時間も、余裕を持った不動産売却

新築を計画して、その夢が実現。そのためそれまで住んでいた家を売却することになったのです。不動産を売却することなんて、初めてでした。もともと中古住宅として購入した土地と家だったので、できれば購入当時の金額ぐらいでは売却できるのではないか、そんな軽い気持ちでいたのですが、大きな間違いだったのです。

まずは時間。新築の購入の頭金として考えていたのですが、当たり前なのですが買い手がつかなければ売却できません。ただ何となくイメージが、不動産会社が一旦仕入れて、それから売るような感覚で、いつでも売却できるようなイメージだったのです。思ったよりもすぐに買い手が見つからなかった私たちの土地は、希望価格では引き合いの情報すらなかなか上がってきませんでした。

ただ新築の購入計画は進み、お金も必要になってきます。頭金を納めなければならないのに、肝心の土地が売れない、買い手候補すら見つからないのです。仕方がないので売却希望金額を下げなければ、情報すら見つけることができず、仲介してくれる不動産会社の営業担当も動きようがありません。なので希望価格を100万円単位で下げていったのです。

ここで二つ目の問題が出てきました、価格です。もともと定価のないものですし、買いたい人と売りたい人が揃わなければ成立しない商売。しかも全く同じ条件の土地は存在するはずがありませんので、適正な価格の感覚がわかりません。このままでは売れない、価格を下げなければ情報も上がってこないと言われると、ここは不動産会社を信用するしかありませんでした。

結局売却希望金額から500万円下げたところでようやく買いたいという希望者が現れました。それでも話がすぐにまとまらず、結局100万円の値引きにも応じてしまいました。ここで時間がないという焦りが出てしまい、先方の言い値になってしまっていたのです。

後悔した事はマンション売却の専門サイトをしっかりとチェックして一括査定を受けておけばよかったという事。実際に私はそれで損をしました。
マンション売る.jpでは下記のように専門家がアドバイスしています。

所有しているマンションを1社にしか査定依頼していない場合、その不動産会社から提示された価格だけが基準になってしまいます。

しかし、複数の不動産会社に見積もりを依頼する事で、適正な価格を導き出す事ができるという大きなメリットがあります。

例えば、不動産会社Aでは5000万円。Bでは4580万円、Cでは5200万、Dでは4800万円。

不動産査定というものは、このように不動産会社によって少なからず、必ず差がでてしまいまうものです。
出典:不動産査定サイト-マンション売る.jp-

専門家もこのように解説する通り不動産一括査定サイトを使うことによって正しい適正価格でマンションや家を売る事ができる事は間違いがありません。

全体の金額からいくと、数十%の値引き額ですが、600万円って冷静に考えると車も買えるし、新築の家にもワンランクもツーランクも上の住宅設備機器を購入することができます。それがお金や時間がない理由で、失ってしまいました。やはりお金も時間も、余裕を持った状態でなければ不動産を上手に売却できないのではないかと感じてしまいました。

大きな買い物、売り物なので、やはり心にゆとりをもって、落ち着いて攻めながら商談に挑むことで、自分たちにとって有利な売却交渉ができると実感することになりました。

マンションを売った後は購入も考えておく

うちは頭金も無く予算が少なかったのでまず新築は無理だろうということで中古を考えてたのですが、探してた場所が人気路線だったため中古マンションであっても最低3千5百万台から、という感じでした。そんな中ポストに入った新築マンションのチラシをなんとなく見てみると、人気路線ではないけれど駅徒歩9分で最多価格帯が3400万円台と記載されてたので、もしかしたら買えるかも?まず見に行ってみよう!とモデルルームへ向かいました。

全く無名の販売会社でしたが、広告に偽りなしで本当に3400万台の物件がありました。一番高い部屋で4300万円ほど。理由はマンションのすぐ隣がコンクリート工場かつ高速道路が近いからです、と販売会社の営業さんに教えてもらいました。

現地に行ってみると音もそこまで気にならないし、日当たりもまあまあ良さそうということで、購入を決めました。

ただ、やっぱり広さはある程度無いとダメだ!と今とても後悔してます。
購入した部屋は60平米です。今子供が二人居ますが、四人家族で生活するにはとても狭いです。購入した当初は子供もいなかったので、部屋の間取りだけを気にしてしまい広さについてはあまりよく考えてませんでした。
とにかくフローリングと収納と3LDKであれば!と思っていたのです。
今から思えば間取りなんか本当にどうでも良い部分です。間取りなんて、後からでもリフォーム出来るんです。重要なのは部屋の広さ。平米数です。
子供を作る予定であれば、最低でも70平米は欲しいところです。理想は85平米です。そして私は地方出身者なのですが、親兄弟がうちへ遊びに来た時にうちに泊まらせてあげられるようにゲストルーム的な部屋もあればよかったなぁと思います。

それと、当初は全室フローリングが良い!と思い込んでましたが、和室は絶対に必要です。子供が生まれると特に必要。理想はLDKに続く形で和室があるような部屋。その和室の襖を開ければ解放感もあるし、子供が大きくなるまではその和室で寝起きしてリビングにおもちゃコーナーや勉強机など置けば同じ空間で生活できると思います。

子供が出来た事で今の家が窮屈になってしまい、マンション買い替えを検討しているのですが主人もローン組むのが難しい年齢に差し掛かってますし、上の子も来年小学校なので買い替えはもう無理かもなと半ば諦めています。またマンションを買った6年前とは比べものにならないほど今マンションの物価があがってしまい、この価格ではもはやもうちょっと田舎に一戸建てを買ったほうが良いのではないかと思えてしまいます。

マンションは買う時も売る時も慎重になるべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です